【重要なお知らせ】 2018年11月1日より運営法人が変わります
 お問い合わせ

オープンデータを加工して共有しよう

テーブルデータの変換と公開をサポートするサイト

ステップ1

ステップ1では、最初にテーブルデータを作るためのひな形を作成します。

ステップ1

メニューから

テーブルデータ作成

を選び、

ひな形ファイルを作成

へと進みます。

Change Image
ステップ1-1-1

②テーブルデータひな形の作成とダウンロードの画面が表示されます。

まず「テーブル全体の設定」として、

・ファイルのタイトル

・言語設定

・テーブルデータの作成者

の項目を入力して下さい。

Change Image
ステップ1-1-2

テーブル全体の設定の各項目を入力後、テーブルの列数を指定して下さい。


※1以上の数を指定して下さい。

Change Image
ステップ1-1-3

列数を指定すると、「テーブルの列の設定」 の入力フォームとダウンロードボタンが表示されます。


この入力フォームでは、ひな形ファイルの各列について個々の設定を行います。

Change Image
ステップ1-1-4

1列目はサブジェクト(主語)列として自動で設定されます。

ダウンロード後に、ひな形ファイルの1列目にラベル(文字列)またはURI (http://等で始まるID)のどちらかを入力して下さい。

Change Image
ステップ1-1-5

2列目以降はオブジェクト(目的語)列の設定です。


この列に設定するプロパティを選択、または入力します。


プロパティを選択する場合は、プルダウンメニューから、右側に出てくる解説を参考に選択して下さい。

Change Image
ステップ1-1-6

プルダウンメニューの中に適切なプロパティがない場合は、自分で入力することもできます。

文字列、またはURIを入力して下さい。

(半角英数字とアンダースコア"_"での入力推奨です。)

Change Image
ステップ1-1-7

入力後に「ダウンロード」ボタンをクリックすると、 Excel形式のひな形ファイルをダウンロードできます。

Change Image
ステップ1-1-8

ダウンロードしたExcelファイルを開くと、設定内容が反映されたひな形ファイルが完成しています。

このひな形ファイルの赤いセルにサブジェクト青いセルにオブジェクトを入力すると、 テーブルファイルの完成です。

Change Image
ステップ1-1-9
↑ページの先頭へ