【重要なお知らせ】 2018年11月1日より運営法人が変わります
 お問い合わせ

オープンデータを加工して共有しよう

テーブルデータの変換と公開をサポートするサイト

LinkDataについて

LinkDataのミッション
LinkDataのミッションは、誰でも簡単にLinked Open Data(LOD)を作成できて、公開できるようにすることです。LinkDataは、LODの専門家にとっても初心者にとっても使いやすいインターフェースを提供しています。
他のRDFコンバータとは違い、LinkDataにはフィールドを埋めるだけで簡単にテーブルデータのひな形を作成できる機能が兼ね備わっています。LinkDataはWorld Wide Web Consortium(W3C)がミッションとして掲げる「Web for ALL」の原則を支持しています。
LinkDataを使えば、日常生活で接するデータや科学的・生物学的データ等のさまざまな種類のデータのためのlinked repositoryを構築することができます。linked repositoryを構築し、データ作成者とアプリケーション開発者が協業することで新しい知識を創造することを期待しています。
また、LinkDataは オープンサイエンスのためのプラットフォームを提供し、さまざまな研究分野におけるコミュニティの形成をサポートしています。
オープンスタンダードであること
LinkDataは、Web上でデータを公開するためのオープンスタンダードであるLODに基づいたデータを無料で提供します。
LinkDataでは、情報をオープンにして公益性を高めるという精神を尊重しつつ、著作権の存在を前提とした作品の利用と流通を促すツールであるクリエイティブ・コモンズを適用し、データ内に帰属(attribution)と由来(provenance)を付与することで著作権を保護しています。LinkDataはW3Cの提唱するオープンであるための必要条件を満たしています。
セマンティック・ウェブの原則
LinkDataはセマンティック・ウェブの原則に基づいて、ユーザの作品を公開し、Web上のRDFデータに「リンクデータ(Linked Data)」としてリンクします。LinkDataの目標は、オントロジーとして整理された語彙を使って知識体系を簡単に整理・構築することができるようにすることです。
(参考:セマンティック・ウェブに関するFAQ
W3Cの提唱する国際化対応Webサイトに関するキーコンセプトに従って、各言語を理解するユーザーが作成しキュレーションをしていけるようなシステムにしていきます。
LinkDataの運用について
LinkDataの運用は一般社団法人リンクデータが実施しています。