【重要なお知らせ】 2018年11月1日より運営法人が変わります
 お問い合わせ

オープンデータを加工して共有しよう

テーブルデータの変換と公開をサポートするサイト

RDFを使うメリット

RDF (Resource Description Framework) とは何か?

なぜ、テーブルデータから変換するのか?


例として、右のようなデータを定義したい場合を考えます。

中央図書館電話番号045-111-1111です

RDFモデルのデータでは、
データを

①サブジェクト(主語)

②プロパティ(述語)

③オブジェクト(目的語)

という3つの組み合わせで表現します。

RDFの基本構文

RDFの基本構文

サブジェクト
(主語)

プロパティ
(述語)

オブジェクト
(目的語)

RDFは、コンピュータにとって扱いやすいデータですが、人にとっては構造が分かりにくいというデメリットが あります。


そこでLinkDataでは、


①人にとって扱いやすいテーブル形式でアップロードできる


②そのデータをRDFへ変換してダウンロードできる


という機能を提供しています。

データの
形式
テーブル
(人にやさしい)
RDF
(コンピュータにやさしい)
メリット

・人が直感的に理解しやすい

・エクセルで簡単に扱える

・データ間の関係をリンクで明確に表現できる

・Webとの相性が良い

デメリット

・データ間の関係があいまいで、コンピュータに解釈させにくい

・人がデータ構造の全体像を把握しにくい

テーブルの例 中央図書館 電話番号 045-111-
1111
RDFの例 中央図書館 電話番号 045-111-
1111
table RDF

テーブルデータとRDFの対応

テーブルデータとRDFは下記のように対応しています。

table
電話番号
中央図書館 045-111-1111
RDF RDF

中央図書館

電話番号

045-111-1111

arrow
電話番号 蔵書数
中央図書館 045-111-1111 154,265
RDF

中央図書館

電話番号

蔵書数

045-111-1111

154,265

arrow

また、テーブルの行を足すことで、

複数のサブジェクトについてデータを表現することができます。

電話番号 蔵書数
中央図書館 045-111-1111 154,265
西区図書館 045-222-2222 65,489
南区図書館 045-333-3333 98,548
RDF RDF RDF

中央図書館

電話番号

蔵書数

045-111-1111

154,265

西区図書館

電話番号

蔵書数

045-222-2222

65,489

南区図書館

電話番号

蔵書数

045-333-3333

98,548

arrow

RDFで用いるURIとは?

コンピュータがデータを正しく解釈するために、一般的にIDが用いられます。

RDFでは、Webの仕組みを利用してデータを特定するために、URIというIDを使っています。

RDFの基本構文

RDFの基本構文

サブジェクト
(主語)

プロパティ
(述語)

オブジェクト
(目的語)

URI (Uniform Resource Identifer)とは、http://等で始まるIDです。


サブジェクトをURIで表す
場合、ラベル という
プロパティで、その
サブジェクト の名前を
定義します。



※図中のURIは架空のものです。

RDF

中央図書館

電話番号

蔵書数

045-111-1111

154,265

このままではWebで扱えない・・・

arrow

light Webで扱うためにURIで表現

サブジェクトをURIで表現

RDF

http://sample.jp/
central

ラベル

電話番号

蔵書数

中央図書館

045-111-1111

154,265

テーブルデータでは、

右のように表すことが

できます。

table
ラベル 電話番号 蔵書数
http://sample.jp/central 中央図書館 045-111-1111 154,265
http://sample.jp/west 西区図書館 045-222-2222 65,489
http://sample.jp/south 南区図書館 045-333-3333 98,548

なおLinkDataでは、サブジェクトプロパティ が文字列で入力された場合、

アップロード後に自動でURIに変換しています。


サブジェクトの場合:

my_subject → http://linkdata.org/resource/[作品ID]#my_subject


プロパティの場合:

my_property → http://linkdata.org/property/[作品ID]#my_property

↑ページの先頭へ