お問い合わせ

オープンデータを加工して共有しよう

テーブルデータの変換と公開をサポートするサイト

データセットの情報

防爆構造の種類に関するデータです。安全を確保する仕組みなどの違いから大きく6種類に分類されます。 【0種場所】 爆発する可能性が常に存在する場所、長時間存在する場所です。具体的には、危険な物質が入った容器、またはタンクなどの内部、及び開放容器の液面付近などがこれに該当します。 【1種場所】 爆発のおそれがある場所はこの分類にあてはまります。具体的には、ガスなどが集積して、爆発の可能性がある場所(修繕・保守や漏えいなどの際を含む)のことです。 【2種場所】 機器の故障などによって爆発する可能性がある場所です。
2

評価指数

いいね!
1
Loading...

downloadダウンロード

ファイル名
OpenworksSBP
テーブルデータ (テキスト)
2018.8.17
1.7KB
テーブルデータ (Excel)
2018.8.17
6.5KB
RDF (Turtle)
2018.8.17
4.3KB
投稿者 メッセージ送信
共同編集者
関連するWebサイト
データのリファレンス
合計ダウンロード数 6回
最初に登録した日 2018年8月17日
最後に更新した日 2018年8月17日

ニュースフィード